2019年2月20日(水)

堺屋太一氏 日本「文系知財」で遅れ鮮明
攻防・知的財産 インタビュー

(1/2ページ)
2014/6/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

特許やデザイン、商標、著作権といった知的財産が富を生み、人々の生活や考え方、企業の価値を大きく変えつつある。元経済企画庁長官で作家の堺屋太一氏に、知財の秘める力を聞いた。

――1985年に書いた「知価革命」という本で「次の社会は、知恵の値打ちが支配的になる社会『知価社会』になる」と指摘されました。

「予想した通りの社会が、予想以上の速さで進展している。そして、日本は立ち遅れている」

「米国では(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報