/

この記事は会員限定です

安全運転支援車の功罪 事故原因・責任に課題多く

[有料会員限定]

自動車各社による安全運転支援システムの開発が進むにつれて、安全性を巡るジレンマに直面するとの指摘が出ている。自動化が進むほど運転者がシステムに依存して注意力や技量が低下しかねないほか、事故の原因究明や責任明確化が難しくなるという課題が浮上している。将来、完全自動運転が実現すれば道路交通法などの見直しも必要だ。

歌手の久保田利伸さんが小型車を運転していると、Charaさんに声を掛けられる。思わず横を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1507文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン