/

この記事は会員限定です

特許連合で訴訟回避 キヤノン、グーグルやSAPと

「和解金狙い」けん制

[有料会員限定]

米国で特許訴訟の専門会社から訴えられ和解金を取られる企業が急増する中、キヤノン、米グーグル、独ソフトウエア大手のSAPなどが訴訟を防ぐ特許連合をつくることで合意した。加盟企業が外部に特許を売る際、事前に連合内に特許の使用権を与え、専門会社から訴えられないようにする。今後、世界の有力企業に参加を呼びかけ、企業が本業に専念できる仕組みづくりにつなげる。

特許連合は「LOTネットワーク」という名称で、米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン