13年度の社債 業種別で銀行が首位陥落、企業別はソフトバンクが1位

(1/4ページ)
(1/4ページ)
(1/4ページ)
2014/3/31付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

■業種別で銀行が首位陥落、企業別はソフトバンクが1位

2013年度の国内債券市場で公募普通社債(SB、証券化商品を除く)の発行額は8兆1428億円と、前年度の8兆1524億円をわずかに下回った。年度前半に予定を前倒しての発行が膨らんだ反動で、年度後半に起債が急減し、4年連続で前年度割れとなった。業種別では6年ぶりに「銀行業」が首位から陥落。電力債の募集が増えたため、「電気・ガス業」が2位に順位を上…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]