/

前原政調会長「霞が関と族議員の見張り役に」

民主党の前原誠司政調会長は31日午後、自身の役割について「霞が関(の省庁)が勝手に物事を決めて進めること、族議員化した人たちが物事を決めようとする圧力を抑えることの両方の見張り役にならなければならない」との認識を示した。

そのうえで「会長としての覚悟が問われており、役所のいいなりにも団体の要望のみを口にする族議員のいいなりにもならないことが求められている」と強調した。

国会内で記者団に答えた。〔日経QUICKニュース〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン