/

東電、4期ぶり最終黒字転換 14年3月期4386億円

決算を発表する東京電力の広瀬社長(30日午後、東京都千代田区)

東京電力が30日発表した2014年3月期の連結決算は、最終損益が4386億円の黒字(前の期は6852億円の赤字)だった。通期の最終黒字は、東日本大震災が発生する前の10年3月期以来4期ぶり。12年9月に実施した家庭用電気料金値上げや合理化の効果が出た。市場予想の平均であるQUICKコンセンサス(4社、4日時点)の5138億円の黒字は下回った。

売上高は11%増の6兆6314億円。営業損益は1913億円の黒字(前の期は2219億円の赤字)、経常損益は1014億円の黒字(同3269億円の赤字)とともに3期ぶりに黒字転換した。販売電力量は減ったが、電力料金の引き上げで増収となった。修繕費の抑制も寄与した。一方、円安による輸入価格の上昇もあり、燃料費は2兆9152億円と過去最高だった。配当は3期連続で無配となった。

記者会見した広瀬直己社長は「収支が苦しいという状況に変わりはない」と指摘。コスト低減策に関し、1月に政府認定を受けた新総合特別事業計画に沿って「1つ1つの積み上げをやっていく」と強調した。

15年3月期の連結業績予想は、運転停止中の柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働が見通せず「予想することが困難である」との理由で「未定」とした。今期の年間配当は、4期連続の無配予想とした。広瀬氏は家庭用電力料金の再値上げについては「とにかくコストダウンを頑張る」と明言を避けた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン