浜田内閣官房参与、株価急落「そんなにびっくりしていない」

2013/5/30付
保存
共有
印刷
その他

浜田宏一・米エール大名誉教授(内閣官房参与)は30日午後、記者団に対し日経平均株価が700円を超す下げ幅を記録したことについて「市場は動くものなので、そんなにびっくりしていない」と述べた。荒い値動きが続く市場に対し感想を求められたが「しゃべるなと叱られたので、今がどうとは言えない」と言及を避けた。

長期金利の動きも「そんなに心配していない。インフレ期待以上に長期金利が上がらない限り企業活動はプラスの影響を受けるからだ」と語り、現状では問題はないとの立場を明らかにした。併せて日銀の取り組みについて「外の驚きが少なくなるように黒田東彦総裁は努めているのではないか」と語り、理解を示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]