/

日本版ISA、愛称は「NISA」に決定

日本証券業協会や全国銀行協会などで組織する「日本版ISA推進・連絡協議会」は30日、2014年1月に始まる少額投資非課税制度(日本版ISA)の愛称を「NISA(ニーサ)」に決めたと発表した。4月から愛称を公募したところ約7000件の応募があったという。日証協の前哲夫会長は同日の記者会見で、NISAの開始によって「貯蓄から投資へという流れができるといい」と述べた。

少額投資非課税制度は年100万円までの株式や株式投資信託などから生じる譲渡益や配当を5年間非課税とする制度。個人投資家の裾野を広げ、日本経済の活性化につなげる狙いがある。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン