鉱工業生産指数、9月1.5%上昇 基調判断を上方修正

2013/10/30付
保存
共有
印刷
その他

経済産業省が30日発表した9月の鉱工業生産指数(2010年=100、季節調整済み)速報値は98.5だった。12年5月(98.8)以来の高水準で、前月比では1.5%上昇した。プラスは2カ月ぶり。自動車販売の好調に加え、14年1月に始まる少額投資非課税制度(日本版ISA=NISA)を背景に金融機関のシステム改修の活発化したのが寄与した。

経産省は生産の回復傾向が続いていることから基調判断を「緩やかな持ち直しの動きがみられる」から「持ち直しの動きで推移している」へと6カ月ぶりに上方修正した。

業種別でみると15業種のうち9業種が上昇した。軽自動車を含む自動車の国内販売が伸びたことを受けて、輸送機械工業が前月比3.9%上昇。情報通信機械工業はNISA導入を前に金融機関のシステム改修が活発化したため4.9%増、電子部品・デバイス工業もスマートフォン(スマホ)やタブレット(多機能携帯端末)向け部品が好調で4.7%増となった。

出荷指数は1.6%上昇の97.0。生産と同じく輸送機械工業や情報通信機械工業が伸びた。出荷増を受けて在庫指数は0.2%低下の108.3、在庫率指数は2.0%低下の110.2だった。

同時に発表した製造工業生産予測調査によると、先行きは10月が4.7%上昇。火力発電用部品を含む「はん用・生産用・業務用機械工業」と情報通信機械工業で、9月の生産分の一部が10月にずれ込む見通しという。11月は、はん用・生産用・業務用機械工業と情報通信機械工業の反動減で1.2%低下する見込みだ。

7~9月期の四半期ベースは前期比1.8%上昇の97.8で、3四半期連続でプラスとなった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]