/

経団連会長、消費増税法案「一刻も早く成立を」 閣議決定受け

経団連の米倉弘昌会長は30日午後、都内で記者団に対し、消費増税関連法案が同日閣議決定したことを受け「年度内に議論を尽くしながら決定されたのは非常に良かった」と述べた。「社会保障と税の一体改革は、持続可能な社会保障制度の確立と、中長期的には財政の健全化を実現していく上で極めて重要な第一歩だ」との認識を示した。そのうえで「与野党含め政局ではなく大局から、建設的な議論をやってもらいたい。一刻も早く成立させてほしい」と求めた。

一方で、社会保障制度について「給付の重点化・効率化について、もっとちゃんと考えていっていただきたい」と指摘したほか、行政改革に関しても「政府としてできる限りの合理化をし、いろんな節約を(して欲しい)」と要望した。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン