2017年11月23日(木)

東証で大納会 なでしこ佐々木監督らが打鐘

2011/12/30付
保存
共有
印刷
その他

 東京証券取引所は30日、サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の佐々木則夫監督らを招いて大納会の式典を開いた。斉藤惇社長は「(なでしこジャパンに)勝つための精神的、肉体的な強さを見せていただいた。(株式市場も)精神力と体力をつけて勝つようにしたい」とあいさつした。佐々木監督は「来年はオリンピックの年でスポーツ競技が一丸となる。東証のサポートにもなるよう頑張りたい」と抱負を語った。

 ゲストの安藤梢選手(独デュイスブルク所属)は「ロンドンで金メダルを取ってもう一度みんなと喜べるようにする。なでしこ株も上げられるように頑張る」と話した。佐々木監督が3回、安藤選手が2回打鐘した。

 大納会に先だって東証で開催したトークショーで、佐々木監督はロンドン五輪に向けて「足元を見つめ(ワールドカップドイツ大会の)優勝は別物として切り替え、金メダルを目指す」と意気込みを語った。「08年の北京オリンピックの時はベスト4を目指してベスト4だった。金を目指さなければどのメダルにも手が届かない」と述べた。〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報