2019年3月24日(日)

1~3月期の需要不足、GDPの3.9%で横ばい 内閣府試算

2011/5/30付
保存
共有
印刷
その他

内閣府は30日午後、日本経済の実際の需要と潜在的な供給の差を示す「需給ギャップ」の試算で、1~3月期の需要不足は国内総生産(GDP)の3.9%になったと発表した。金額換算をすると年20兆円の需要不足で、不足幅は2010年10~12月期の3.9%(約20兆円)と横ばいだった。需要不足は11四半期連続。

内閣府は、東日本大震災による電力不足やサプライチェーン(供給網)の寸断といった制約により、潜在的な供給は金額換算で年6兆円程度押し下げられたと試算。ただ、実際の需要も同程度落ち込んだため、差は広がらなかった。〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報