日銀展望、世界経済「持続成長へ新たな課題」

2010/4/30 15:28
保存
共有
印刷
その他

日銀は30日にまとめた「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)で、日本を含めた世界経済について「構造に大きな変化が生じ、よりバランスの取れた持続的成長に向けて各国が新たな課題に直面している」との認識を示した。こうした問題意識のもとで、同日の金融政策決定会合で成長基盤の強化に資する新たな取り組みの検討に着手することを決めたもようだ。具体策はこれから詰めるが、民間金融機関による成長分野への融資を後押しする仕組みなどを検討する見込み。金利低下を促したり資金供給量を増やしたりする、いわゆる「金融緩和」とは異なる枠組みになるとみられる。

世界経済や日本国内の構造変化としては、(1)新興国や資源国の占める割合の拡大(2)公的債務残高の増加(3)金融規制・監督の見直しを巡る議論の進展(4)少子高齢化や人口減少などを背景とした国内需要の減少――などを挙げた。〔NQN〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]