/

京セラ、今期純利益845億円に下方修正 スマホ向け部品想定下回る

京セラ(6971)は29日、2014年3月期の連結純利益(米国会計基準)が前期比27%増の845億円になりそうだと発表した。従来予想の960億円から下方修正した。スマートフォン(スマホ)やデジタルカメラ向けの部品需要が想定を下回る見通しのため。同社は「取引先の生産調整が影響した」と説明している。電子デバイス関連事業で一部の製品の見直しなどによる費用が発生し利益を圧迫する。

営業利益も49%増の1150億円と従来予想(1400億円)から引き下げた。売上高は12%増の1兆4300億円と従来予想を据え置いた。

14年3月期通期の想定為替レートは1ドル=101円(従来は98円)、1ユーロ=134円(130円)と円安方向に見直した。同日発表した13年4~12月期決算は、連結純利益は前年同期比54%増の693億円だった。通期見通しに対する進捗率は82%となる。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません