2018年11月14日(水)

キヤノン、純利益4%増 14年12月期
前期は3%増、予想に届かず

2014/1/29付
保存
共有
印刷
その他

キヤノンは29日、2014年12月期の連結純利益(米国会計基準)が前期比4%増の2400億円になる見通しだと発表した。米国や欧州など世界的な景気回復を背景に、特に新興国で複写機などの需要回復を見込む。業績の前提となる為替レートは1ドル=100円、1ユーロ=135円を想定した。

同時に発表した13年12月期の連結決算は純利益が前の期比3%増の2304億円で、従来予想の2400億円には届かなかった。円安進行で海外販売が伸びたが、高画質映像を撮影できるスマートフォン(スマホ)の普及したあおりで、コンパクトデジタルカメラなどの販売が振るわなかった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報