/

東証、サントリー食品の上場承認を発表 7月3日予定

東京証券取引所は29日、飲料や食品を製造・販売するサントリー食品インターナショナルの新規上場を承認したと発表した。上場日は7月3日の予定。市場区分は東証1部または2部で、公募・売り出し(公開)価格を決定する6月24日以降に決まる。

新規上場と同時に9300万株(国内3350万株、海外5950株)と2600万株の売り出しに加え、需要動向に応じての最大620万株のオーバーアロットメントによる追加売り出しを実施する。主幹事は国内が野村証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券、海外がモルガン・スタンレーMUFG証券、野村証券、JPモルガン証券、シティグループ証券、ゴールドマン・サックス証券、みずほ証券、SMBC日興証券がそれぞれ共同で務める。

想定価格の1株3800円で単純計算すると市場からの資金吸収額は最大4757億6000万円、新規上場時の時価総額は1兆1742億円になる見込み。国内ではビール大手のアサヒグループホールディングス(2502)に匹敵する規模の大型上場になる。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン