「まさか」の消費増税案検証 悪い金利上昇のおそれ

2013/7/29付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「驚いた」。政府が消費増税の見直しを含めた複数案を検証するとの27日付の日本経済新聞朝刊の報道に、債券市場関係者は騒然となった。予定通りの消費増税を既定路線とみていた市場参加者が大部分だったためだ。目先の景気を意識した近視眼的な増税見直しが実現するとすれば、「悪い金利上昇」が起こる可能性がある。株式相場にとっても長期的には決して好材料とは言い切れない。デフレ脱却への期待が逆にしぼんでしまう可能性…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]