国際石開帝石、新潟県上越市に太陽光発電所を建設

2012/8/29付
保存
共有
印刷
その他

国際石油開発帝石(1605)は29日、新潟県上越市に同社グループ初となる太陽光発電所「INPEXメガソーラー上越」を建設すると発表した。グループ会社の帝石トッピング・プラントの敷地内に最大出力約2メガワットの太陽光パネルを設置する。10月から工事に着手し、2013年3月までに完工・発電開始を目指す。

年間予想発電量は約248万キロワット時で、一般家庭約750世帯分の年間電力消費量に相当するという。7月から始まった「再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度」を利用し、発電した全量を東北電力(9506)に売電する。

投資額は明らかにしていない。発電所の設計と施工は千代田化工建設(6366)が手がける。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]