財務相、10月CPI「上昇トレンドと言えるか経済単純じゃない」

2013/11/29付
保存
共有
印刷
その他

麻生太郎副総理・財務・金融相は29日午前、閣議後の記者会見で、10月の全国消費者物価指数(CPI)が上昇した点を「それがトレンドになったかどうか、1カ月だけでそれが言えるほど経済は単純じゃない」と述べ、物価が上昇基調に入ったとの見方には慎重な姿勢を示した。

総務省が29日朝発表した10月のCPIは生鮮食品を除く総合が前年同月比で0.9%上昇した。上昇は5カ月連続となった。併せて発表した食料とエネルギーを除く総合も0.3%上昇で、08年10月以来5年ぶりにプラスに転換した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]