/

ドコモ社長、ウィンドウズ版スマホ「来夏以降に発売も」

NTTドコモの山田隆持社長は29日の決算発表の会見で、米マイクロソフト(MS)の最新基本ソフト(OS)を搭載したスマートフォン(高機能携帯電話)の発売の可能性について「今冬モデルで発売することはないが、来夏以降で発売するかどうか検討している」と述べた。米グーグルのOS「アンドロイド」を搭載した機種以外にも、機能や使い勝手が異なるウィンドウズフォンを投入して幅広い層のニーズに応える狙いがある。

KDDIは同OSを標準搭載した端末を世界で初めて9月に発売する計画。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン