/

トヨタ、「プリウスPHV」受注開始 燃費61キロ

12年1月30日発売、320万円から

トヨタが29日に受注を開始した新型プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」(東京都江東区)

トヨタ自動車は29日、家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスPHV」の受注を開始したと発表した。来年1月30日に発売する。プリウスPHVは近距離は電気自動車(EV)、中・長距離はハイブリッド車(HV)といった形で両立できるため、バッテリーの残量や充電設備に対する不安が解消できるのが特長。

トヨタでは「HVに次ぐ次世代環境車の柱」と位置付けており、年3万5000~4万台の販売を目指す。販売価格は320万~420万円。

高容量のリチウムイオン電池の採用により、燃費はガソリン1リットルあたり61キロメートル、EVのみでも26.4キロの走行を実現した。高機能携帯電話(スマートフォン)を通じて電池残量や充電ステーションの設置場所などの情報を提供する「PHVドライブサポート」を全車に標準設定した。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン