/

9月の小売業販売、2カ月連続プラス 残暑で夏物好調続く

経済産業省が29日に発表した9月の商業販売統計(速報)によると、小売業の販売額は10兆6150億円と前年同月に比べて0.4%増えた。増加は2カ月連続。残暑が厳しかったため、飲食料品や日焼け止め、衣料品など夏物商材の販売が好調に推移し全体を下支えした。

ただ、エコカー補助金終了に伴い自動車小売業が1.6%減と12カ月ぶりにマイナスに転じた。機械器具小売業もテレビや録画再生機の販売不振が続き、1.5%減と14カ月連続マイナスだった。

百貨店とスーパーを含む大型小売店は0.1%減の1兆4707億円で、既存店ベースは1.0%減と6カ月連続のマイナス。うち百貨店はほぼ横ばい、スーパーは1.5%減だった。秋物衣料が不調だったほか、中旬の3連休や月末の土日に台風が直撃し客足が伸びなかったことが影響した。

経産省は日中関係悪化の影響について「百貨店の免税品販売が一部で減っており、10月はもう少し影響が出てくる」とみている。

コンビニエンスストアの販売額は2.7%増の7975億円。総菜類が好調だった。一方、既存店ベースはイベントチケット販売などサービス売上高が減少し、1.7%減と4カ月連続のマイナスだった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン