2019年9月16日(月)

円、介入後の高値更新 一時83円65銭近辺

2010/9/29付
保存
共有
印刷
その他

29日午後の東京外国為替市場で円相場は1ドル=83円台後半で上げ幅を拡大した。一時83円65銭前後と28日の海外市場で付けた高値(83円68銭)を上回り、政府・日銀が円売り介入を実施した15日以来、2週間ぶりの高値を付けた。米連邦準備理事会(FRB)による追加の金融緩和観測を手掛かりに、引き続きドルが主要通貨に対して売られ、対円でもドル売りが強まった。9月の決算期末を前に国内輸出企業の駆け込み的な円買いが膨らむとの思惑も円買いにつながった。

14時時点では、前日の17時時点と比べ50銭の円高・ドル安の83円70~73銭近辺で推移していた。〔日経QUICKニュース〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。