/

保安院「事故の重大性や深刻さ表している」

経済産業省原子力安全・保安院は29日午前10時20分過ぎの記者会見で、福島第1原子力発電所の敷地内の土壌からプルトニウムが検出されたことについて「今回の事故の重大性や深刻さを表している」との認識を示した。理由として「(プルトニウムは)かなりの高温で発生し重さもあるので、それが本来のとじ込め機能を突破して出てくるぐらいの炉心の損傷があったと考えられる」と説明した。

そのうえで「損傷がどれくらいか直接分からないが、現在は近くで作業をしている人や暮らしている人に影響を与える値ではない。今後もしっかりモニタリングしていきたい」と強調した。〔日経QUICKニュース〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン