/

日本振興銀、SFCG債権の二重譲渡であおぞら信託銀にも敗訴

日本振興銀行(東京・千代田)は29日、商工ローン大手SFCG(旧商工ファンド、破産手続き中)が貸付債権を二重に譲渡した問題をめぐり、あおぞら信託銀行と債権の帰属を争っていた訴訟で、東京地裁はあおぞら信託銀の主張を認め、日本振興銀に支払いを命じる判決が言い渡されたと発表した。日本振興銀は控訴する方針。判決に伴う引当金の計上については、監査法人などと検討していくという。

日本振興銀は27日にもSFCGによる債権の二重譲渡問題で、新生信託銀行との訴訟で敗訴したことを発表している。〔NQN〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン