/

官房長官、消費者物価9カ月連続上昇「デフレでなくなってきた」

菅義偉官房長官は28日午後の記者会見で、同日発表の2月の全国の消費者物価指数(2010年=100)が、生鮮食品を除いたベースで前年同月比1.3%上昇し、9カ月連続でプラスとなったことについて「デフレではなくなってきていることが確認される内容だ」と評価した。

そのうえで消費税率の引き上げの影響について「デフレ脱却が着実に進むようしっかりと取り組んでいきたい。今後の物価動向をしっかり注視していきたい」と述べた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン