ファナック、「リンゴ」が背を押した通期見通し公表

(1/3ページ)
2014/4/28付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日経平均株価がほぼ2週ぶりの安値を付けた28日の東京株式市場で、前週末の取引終了後に2014年3月期の連結決算を発表したファナックが踏みとどまった。5年ぶりに公表した通期の純利益見通しが前期比32%増の1465億円と、市場予想平均を9%あまり上回ったのが好感され株価は前週末比で3%上昇する場面があった。情報開示の「充実」が奏功した格好だが、久々の業績見通し開示は米アップルの影響の大きさに背を押さ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]