10月の小売販売額2.3%増 自動車14.8%増でけん引

2013/11/28付
保存
共有
印刷
その他

経済産業省が28日発表した10月の商業販売統計(速報)によると、小売業の販売額は11兆2030億円で、前年同月に比べ2.3%増えた。プラスは3カ月連続。平均気温が高く秋冬物衣料が低調だったが、自動車販売が引き続き伸びたことが寄与した。

小売業の内訳をみると、自動車が14.8%増と2カ月連続のプラス。新車の投入効果で軽自動車を中心に好調に推移し、伸び率はエコカー補助金終了前の駆け込み需要が発生した12年8月(18.5%増)以来1年2カ月ぶりの高水準だった。機械器具も旺盛な住宅需要を背景にエアコンや冷蔵庫が販売を伸ばし5.3%増だった。

百貨店とスーパーを含む大型小売店は0.4%増の1兆5860億円で、3カ月連続で増加した。スーパーで新店効果が出た。一方、既存店ベースは0.4%減。百貨店、スーパーとも平均気温が高かった影響で秋冬物衣料が落ち込んだ。

コンビニエンスストアは新店効果で4.6%増の8426億円。既存店ベースは台風など天候不順が響き0.9%減だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]