2019年1月16日(水)

4月企業向けサービス価格、2カ月連続マイナス 広告落ち込む

2013/5/28付
保存
共有
印刷
その他

日銀が28日発表した4月の企業向けサービス価格指数(2005=100)は96.1と、前年同月比0.4%下落した。下落率は前月から0.2ポイント拡大し、2カ月連続のマイナスとなった。テレビや新聞の広告が落ち込んだ。自動車や通信業などが広告を控えたことが響いた。

企業向けサービス価格指数は運輸や通信、広告など企業間で取引する価格水準を示す。4月は前月比でも0.3%下落し、3カ月ぶりのマイナスだった。日銀は「昨年夏からの緩やかな下落基調は続いている」(調査統計局)とみている。

業種別では、広告が前年と比べ5.4%下がり、マイナスに転じたほか、不動産も事務所賃貸の価格を引き下げる動きが続き、1.9%下落した。

一方で、運輸は1.4%上昇した。円安進行を背景に、主にドル建てで取引される外航貨物輸送の円換算した価格がかさ上げされた。諸サービスのなかでも、プラントエンジニアリングも上昇に転じた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報