有効求人倍率は0.02ポイント上昇 3月0.49倍
09年度は過去最低 0.45倍

2010/4/30付
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省が30日朝発表した3月の有効求人倍率季節調整値)は前月比0.02ポイント上昇の0.49倍だった。上昇は3カ月連続。新規求人倍率は横ばいの0.84倍だった。有効求人は2.7%増。有効求職者は0.4%増だった。

新規求人は前年同月に比べ7.3%の増加と、2006年12月以来、3年3カ月ぶりにプラスへ転じた。製造業(37.4%増)が大幅に増加したほか、マイナスが続いていた教育・学習支援業(14.7%増)やサービス業(13.0%増)などがプラスへ転じた。一方、宿泊業・飲食サービス業(9.0%減)、建設業(7.5%減)は落ち込みが続いた。

正社員の有効求人倍率は前年同月比0.04ポイント低下の0.28倍だった。

都道府県別の有効求人倍率は、最も高かったのが福井県の0.70倍で、最も低かったのは沖縄県の0.30倍だった。

同時に発表した09年度平均の有効求人倍率は、前年度に比べ0.32ポイント低下の0.45倍。マイナスは3年連続で、統計を取り始めた1963年以降の最低を記録した。〔NQN〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]