社会保障・税の共通番号「15年利用開始」へ 政府検討会が方針

2011/1/28付
共有
保存
印刷
その他

 政府の社会保障・税の共通番号制度に関する実務検討会(座長・与謝野馨経済財政相)は28日夕の会合で基本方針をまとめた。2014年6月に国民1人ずつに番号を割り当て、15年1月から利用を開始する。利用対象の範囲は「年金、医療、福祉、介護、労働保険の各社会保障分野と国税・地方税の各税務分野」と定めた。

 政府・与党は31日の社会保障改革検討本部(本部長・菅直人首相)で基本方針を決定。6月には「社会保障・税番号大綱」(仮称)を策定し、今秋の臨時国会への関連法案提出を目指す。

 共通番号は国民1人ずつ番号を決めてICカードを配布し、社会保障や税の情報を一元管理する制度で対象分野は段階的に広げる方針。

 国民利便の向上や行政コストの削減のほかに、所得を正確に把握することによって「給付付き税額控除」などの低所得者対策を導入しやすくする狙いがある。所得把握の具体的な内容、方法は政府税制調査会などで詰める。

 与謝野経財相は同日の会合で「長年の課題が歴史的な第一歩を踏み出した。(法案を提出する)秋に向けて一歩一歩進んでいくことを皆さんと誓いたい」と述べた。〔日経QUICKニュース〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

与謝野馨菅直人共通番号社会保障労働保険

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:00
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 23日 7:01
23日 7:00
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 24日 21:30
23日 21:30
北陸 23日 6:32
23日 6:25
関西 23日 6:32
23日 6:25
中国 23日 7:01
23日 7:01
四国 23日 7:02
23日 7:01
九州
沖縄
6:00
24日 6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報