/

首相、普天間巡る方針「熟慮の結果」

鳩山由紀夫首相は28日夜、首相官邸で記者会見し、米軍普天間基地の移設問題で政府対処方針を閣議決定したことについて「沖縄の負担軽減、普天間の危険性除去、日本の平和と安全、東アジアの平和と安全、秩序の観点から慎重な熟慮の結果」と説明した。

福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)の罷免については「誠に申し訳ない」と述べた。「もっとも大切な沖縄の理解を得られなかったことについてもここにおわびする」と陳謝した。〔NQN〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン