フマキラーとアース製薬が和解 虫よけ器巡る訴訟で

2010/4/28付
保存
共有
印刷
その他

殺虫剤大手のフマキラーは28日、「自社製品に似ている」として同最大手アース製薬に対して携帯型電池式虫よけ器の製造・販売を差し止めるよう東京地方裁判所に仮処分命令を申し立てていた件で、アース製薬側と和解したと発表した。両社がともに製品パッケージを変えることで、消費者が商品を見分けやすくするようにする。フマキラーは「今回の件が今期の業績に与える影響はない」としている。

アース製薬はフマキラーに約11%出資する同社の筆頭株主。アース製薬は「フマキラーの企業価値を認めた純投資であり、今後も方向性が変わることはない」とコメントしている。〔NQN〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]