/

SIMロック解除、「賛成」は35.8%どまり 民間調べ

調査会社のネットエイジア(東京・中央)は28日、携帯電話端末を特定の通信会社でしか使えないよう制限する「SIMロック」についての調査をまとめた。現在契約している携帯電話会社とは別の会社の端末について「ほしいと思ったことがある」と答えた人が56.2%に上った。ただ「SIMロック解除」については、メリット・デメリットを説明した後に賛否をたずねたところ「賛成」は35.8%にとどまった。

総務省はSIMロック解除の方針を示しているが、実現に至るまでには議論を呼びそうだ。

SIMロックを解除すると、消費者は端末と通信会社を自由に選べる。一方で「iモード」など通信各社が独自に提供するサービスが使えず、互換性が音声通話やショートメッセージサービス(SMS)に限られることなどが課題として指摘されている。

調査は8日~10日、携帯電話利用者を対象にインターネットで実施。1205人から回答を得た。〔NQN〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン