/

官房長官、原発応急措置の遅れと首相訪問の関連を否定

枝野幸男官房長官は28日午前の記者会見で、11日に東日本大震災の発生した翌日に菅直人首相が福島第1原子力発電所を訪問したことが、応急措置の遅れにつながったとの一部の見方を否定した。

応急措置は放射性物質を含む蒸気を排出する「ベント」で、1号機では12日午前9時ごろ着手。官房長官によると、首相が訪問を決めたのは12日午前4時半で、首相らはその前から1号機のベントを実施するよう繰り返し指示していた。首相訪問は「ベント実施が前提」だったという。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン