/

みんなの渡辺代表、民主の連携呼びかけ「顔を洗って出直せ」

みんなの党の渡辺喜美代表は28日午後、日本外国特派員協会で講演し、民主党の枝野幸男幹事長がみんなの党に対して「行政改革や公務員改革で、かなりの部分で一致しており、一緒にやれると思う」と参院選後の連携を呼びかけていることに対して「顔を洗って出直してこいと言いたい」と批判した。

そのうえで「民主党とみんなの党が一緒にやることはない。(私が)民主党政権下で大臣になることはない」と、連携の意思がないことを重ねて強調した。

政府が22日に閣議決定した国家公務員人事の退職管理基本方針に関しては「自民党時代よりもっとパワーアップした天下りシステムが民主党政権下で行われることになった」と指摘。枝野氏の発言は「民主党にとってのイメージアップ作戦であり、みんなの党の支持層の引っぱがし発言」だと述べた。〔NQN〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン