/

この記事は会員限定です

ギリシャ元本削減、CDSに波紋 補償機能に疑問も

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=滝口朋史】ギリシャ国債の元本削減が、国債などの債務不履行(デフォルト)リスクを取引するクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場に波紋を投げかけている。債務削減が損失補填の支払いが発生する条件(クレジット・イベント)に当たらないとの見解が示され、CDSの本来の目的である「損失補償」機能に疑問が生じたためだ。

金融派生商品(デリバティブ)の業界団体である国際スワップ・デリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り809文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン