2019年5月27日(月)

ヤマダ電機、転換社債で1000億円の資金調達

2014/5/27付
保存
共有
印刷
その他

ヤマダ電機は27日、2019年満期のユーロ円建ての新株予約権付社債(転換社債=CB)で約1000億円の資金調達をすると発表した。このうち自社株買いの資金に500億円を充当する。

CB発行で得た資金を自社株買いに充てることで1株利益を高めつつ、資本効率の改善につなげる狙いがあり、同社は08年にも同様の手法を実施している。

今回発行するCBは、表面金利の付かないゼロクーポン債で、払込期日、発行日はいずれも6月12日(ロンドン時間)。株式への転換制限を付け、株価が転換価格を30%以上、上回る日が一定期間ないと株式に転換できない。転換価格は日本時間28日の取引開始前までに決める。

自社株買いは発行済み株式総数の16.79%に当たる1億5000万株を上限とする。28日朝の立会外取引で1億3333万株を取得する。取得期間は12月30日まで。自社株買い以外の調達資金の残りは08年に発行した15年満期のユーロ円建てCBの償還資金の一部に充てる。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報