日経平均先物、「エルピーダ」で下げ幅拡大
夜間取引で投資家心理が悪化

2012/2/27 16:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

27日夕の大阪証券取引所の夜間取引で日経平均先物3月物は下げ幅を拡大。日中取引の終値(9620円)を80円下回る9540円まで一時下落した。「経営再建中のエルピーダが、会社更生法の適用を申請…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]