東電社長、復配の時期明言せず 「立て直しはかったうえで」

2012/6/27付
保存
共有
印刷
その他

東京電力(9501)の西沢俊夫社長は27日に東京・渋谷の国立代々木競技場で開いた定時株主総会で、復配のめどについて「(経営の)立て直しをはかったうえで株主の期待にこたえたい」と述べるにとどまり、時期を明言しなかった。「非常にいま財務基盤を含め経営が悪化している」との認識を示した。そのうえで無配は「当面継続せざるを得ない」と説明した。株主の質問に答えた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]