/

東電社長、株価下落「大変申し訳ない」 株主総会で陳謝

東京電力(9501)の西沢俊夫社長は27日に東京・渋谷の国立代々木競技場で開催中の定時株主総会で、株価下落について「株主の皆さまに大変申し訳ない」と陳謝した。株主の質問に答えた。

西沢社長は国から1兆円の資本注入を受ける点を説明し「財務基盤を強化することが大きな目的だ」と強調。そのうえで「必ずや将来、期待にこたえるべくしっかりやりたい」と理解を求めた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン