/

日銀、追加緩和を決定 国債買い入れ5兆円増

宮尾委員は10兆円増額提案

日銀は27日に開いた金融政策決定会合で、資産買い入れ基金の規模を現在の50兆円から55兆円に5兆円増額することを賛成8人、反対1人の賛成多数で決めた。反対したのは宮尾龍蔵審議委員。

宮尾委員は資産買い入れ基金を10兆円増額し60兆円とする議案を提出したが、反対8人、賛成1人の反対多数で否決された。

増額分の買い入れ対象資産は長期国債のみ。これにより、資産買い入れ基金で購入する長期国債の総額は9兆円になる。

資産買い入れ基金は2010年10月に導入した包括的な金融緩和策のひとつ。基金を増額するのは今年8月4日以来となる。〔日経QUICKニュース〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン