/

ドコモ、通信障害対策に1640億円投資発表

14年度末までに

一連の通信障害について、NTTドコモの山田社長が説明した(27日)

一連の通信障害について、NTTドコモの山田社長が説明した(27日)

NTTドコモは27日、昨年から続く一連の通信障害発生を受け、スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)のメール送受信サービス「spモード」用の設備と「パケット交換機」と呼ばれる中継設備増強のために、14年度末までに1640億円を投資すると発表した。「spモード」障害対策としては、設備の処理能力の再点検やスマホ増加に応じた設備増設などで420億円を投資。「パケット交換機」については処理能力の点検や能力の向上、スマホ増加に応じた増設などで1220億円を投資する。

記者会見で頭を下げるNTTドコモの山田社長(左)ら(27日午後、東京・大手町)

同社は昨年6月から今年1月25日までの間に通話やデータ通信がつながりにくくなるなど5回の障害が発生。昨年12月にはスマホのメール送受信サービス「spモード」でメールアドレスが置き換わるという重大な不具合が起きていた。

同日記者会見した山田隆持社長は一連の通信障害について「お客様にご迷惑をおかけしたことを深くおわびする」と謝罪したうえで、「スマートフォン台数が5000万台になっても耐えうる基盤を構築する」と述べた。〔日経QUICKニュース〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン