2019年2月19日(火)

ケーズHD、傘下のCD・DVD販売会社売却へ 家電販売に集中

2014/6/26付
保存
共有
印刷
その他

家電量販店ケーズデンキを全国に展開するケーズホールディングス(8282)は、東北地方で「TSUTAYA(ツタヤ)」「WonderGoo(ワンダーグー)」のフランチャイズチェーンを展開する傘下のCD・DVD販売会社など2社について、近く現経営陣に売却することを決めた。ケーズHDは本体で手がけていた書籍販売を取りやめるなど、家電販売への経営資源の集中を進めており、今回の販売会社売却もその一環になる。

売却するのはCD・DVD販売のデンコードーエンタテインメント(宮城県名取市、谷地賢光社長)と衣類雑貨の中古品を販売するエコプラス(宮城県名取市、井上公延会長兼社長)の2社。2014年3月期の売上高は2社合計で約130億円。いずれも現経営陣が受け皿会社を設立し、MBO(経営陣が参加する買収)の形式でケーズから会社を買い取る。売却額は数億円とみられる。ケーズHDは多角化の過程でこうしたビジネスに乗り出したが、今後は家電販売へのシフトを鮮明にする。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報