2018年8月15日(水)

新生銀、日本GEによる損失補償3月末に終了 消費者金融事業

2014/2/26付
保存
共有
印刷
その他

 新生銀行(8303)は26日、米ゼネラル・エレクトリック(GE)の日本法人、日本GE(東京・港)との間で、消費者金融「レイク」の損失補償契約を3月末で終えることで合意したと発表した。新生銀は1~3月期に、日本GEから今後発生が見込まれる過払い利息返還損失額として1750億円を現金で受け取り、同額の関連損失引当金を追加で繰り入れる。最終損益への影響は中立のため、2013年度通期の業績予想は修正しない。

 新生銀行は2008年9月にGEから「レイク」ブランドの消費者金融事業を買収。過払い利息返還損失について日本GEは、一定期間の経過後に新生銀側にその後の損失相当額を一括で支払うか、補償義務を継続するかを選択することになっていた。

 記者会見した新生銀の山下雅史常務執行役員は「慎重に査定した」と語った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報