東芝社長、原発再稼働「安全確保の前提で」

2013/3/26付
保存
共有
印刷
その他

東芝(6502)の佐々木則夫社長は26日夕、首相官邸で開いた経済財政諮問会議の終了後、記者団に原子力発電所の再稼働について「安全がちゃんと確保されている前提だ」との認識を示した。国際競争では「どうしても足元を見られる」と指摘し、液化天然ガス(LNG)だけに依存した場合は不利になりやすいため、環境負荷をかけない石炭を使った火力発電など産業界が活用できるエネルギーの選択肢を多く確保すべきだ、との考えを明らかにした。

26日は経済財政政策から見たエネルギー戦略を議論した。佐々木氏は「エネルギーとしてちゃんと下支えしていかないと日本の産業そのものの成長なんておぼつかない」とも語った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]