4~12月の社債 業種別、電気・ガスが首位

2013/12/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2013年4~12月期に発行された国内普通社債(SB)の業種別の発行額は「電気・ガス業」が8150億円と前年同期比37%増える見込み。電気料金の値上げや原子力発電所の再稼働に向けた動きなどを背景に信用力が回復基調にある電力各社が起債を増やし、前年同期の3位から首位に浮上した。当初の募集予定額からの増額も相次いだ。企業別でみても10位以内に2社が入った。

2位は「その他金融業」が続いた。トヨタファ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]