/

JEITA中鉢会長「経済対策や円高対策は必須」 新政権に期待

電子情報技術産業協会(JEITA)の中鉢良治会長(ソニー副会長)は26日午後、安倍晋三新政権に「事業環境の改善や国際競争力強化に資する政策を、緊迫感とスピード感を持って推進していただきたい」と期待を表明した。そのうえで「即効性のある経済対策や円高対策は必須」と述べた。

中鉢会長は国内の産業について「歴史的な円高水準の長期化による多くの苦難によって疲弊している」と指摘。企業が「復活」するためには「デフレ、円高からの脱却は最重要事項」との見方を示した。さらに新興国など海外の成長を取り込むためには環太平洋経済連携協定(TPP)や日中韓自由貿易協定(FTA)などで「我が国がリーダーシップをとって国際的なルール作りに積極的に関与・推進してほしい」と強調した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン