/

日銀総裁、「成長戦略、規制緩和、TPPなど政策努力が必要」

日銀の黒田東彦総裁は26日午前の衆院財務金融委員会で、政府の財政政策に対して「当面は景気刺激という弾力的な財政運営をやってもらい、中長期的には財政再建をすることが非常に重要だ」との認識を示した。

さらに「成長戦略や規制緩和、環太平洋経済連携協定(TPP)など各種の政策努力が必要で、うまくいけば好ましい形でスムーズに2%の物価安定目標が達成できる」と語った。

日本維新の会の松田学氏への答弁。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン