/

貿易会会長、安倍政権発足「日中韓の深い互恵関係を期待」

日本貿易会の槍田松瑩会長は26日午後、自民党の安倍晋三総裁が首相に指名され新内閣が発足したことを受けて「新内閣の誕生を歓迎する」としたうえで、「日本経済を再びしっかりとした成長軌道にのせることを強く期待する」とのコメントを発表した。

日中関係の悪化などの課題を抱える外交では「冷静な外交活動を通して新しいリーダーがそろった日中韓の関係を深い互恵関係とすることを求めたい」と訴えた。選挙の争点にもなった環太平洋経済連携協定(TPP)については「国内の規制緩和を促し内需を拡大する効果をもたらすものであり、日本も早期に交渉に参加し、国際社会に対して言うべきことをしっかりと訴えていく積極的な姿勢を求めたい」と要望した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン